【License】ライセンス総合

ソフトウェア プログラミング Programming IT

42a3b193 anonymous 2015-02-20 00:56
GNU General Public License(GPL)
・GNUソフトウェア、Linuxなどが採用
・自由な再配布、修正、派生的作業を妨げる行為を禁止
・派生的作業によって生まれた派生物にもGPLが適用される
・商業利用も理論的には可能。RedHat Linuxとか。

GNU Lesser General Public License(LGPL)
・LGPLはGPLの制限を緩めたもの
・商業ソフトウェアにおいて、LGPL に従うライブラリやツールキットへのリンクを
 可能にした

BSD License
・派生的作業に関してはソースコードの公開を義務づけない
・派生物を商業ソフトウェアにすることが可能
・bind、sendmail、Apacheなど、多くのオープンソースソフトウェアが採用

Artistic License
・どこからオリジナルが入手できるか明記されている場合と、派生物の実行ファイ
 ルがオリジナルとまったく違う名前を持ち、その違いが明らかにされている場合
 には、実行ファイルのみで配布できる
・派生物を1つの組織内だけで利用できる
・その存在が完全に隠されている場合、商業ソフトウェアの一部として利用できる

Mozilla Public License
・派生的作業のうち、追加的作業についてはオープンソースでなくてもよい

NYSL
煮るなり焼くなり好きにしろライセンス。
・ttp://www.kmonos.net/nysl/
bb4734df anonymous 2015-02-20 00:57
. / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  ライセンスについての質問・批評・情報提供その他用スレなのれす♪
' \___ _________________________
      V
∋oノハヽo∈
  ( ´ⅴ`)ノ
5a7f55c5 anonymous 2015-02-20 01:04
ライセンスの及ぶ範囲
      PGM   組み込ま  派生物 生成物 採用
      本体   れたソフト            ソフト
GPL     ○     ○      ○   ×   Linux
LGPL    ○     ×      ○   ×   glibc
BSDL    ○     ×      ×   ×   Apache
Artistic   △     △      △   ×   Perl
MPL     ○     ×      △   ×   Gecko

>>ttp://linux.ascii24.com/linux/news/today/2000/04/21/440416-000.html

GPL の日本語訳
ftp://ftp.sra.co.jp/pub/gnu/local-fix/GPL2-j/gpl.text.gz

LGPL の日本語訳
ttp://www.debian.or.jp/~mhatta/lesser.ja.txt

Artistic License の日本語訳
ttp://www.bekkoame.ne.jp/~bero/docj/artistic.html

NYSL もともと日本語
ttp://www.kmonos.net/nysl/
7c83226e anonymous 2015-02-20 20:17
クリエイティブ・コモンズは?
cdcfc05d anonymous 2015-02-21 09:48
CC公式回答集より引用。

> ソフトウェアにクリエイティブ・コモンズ・ライセンスを付与することができますか?
>2010年04月17日
>
>可能ですが、お勧めはできません。クリエイティブ・コモンズ・ライセンスは、ソースコードとオブジェクトコードについては、適用の対象として考慮していないからです。

実際、ソースコードに付けて意味のあるのはCC0ぐらいだと思う
9d944381 anonymous 2015-02-21 13:20
[[新しく立てられたスレ]]にこのスレ貼りました
833dfea7 anonymous 2015-03-11 14:18
なんかBSD系のライセンスってBSD(4c-3c-2c),Apache位ならともかくzlibだBoostだX11だMITだISCだってあまりに多くて違いが全く分からんorz

コピーレフトはFSF製のライセンスとCPLぐらいでまだ覚えられなくもないのに……。
87b92b93 anonymous 2016-02-21 07:56
最近はMITがおおいね。GPLはあまり流行らないのかな。
MITのほうが再利用のときにいろいろ心配しなくてもいいから無理も無いか。

1. このソフトウェアを誰でも無償で無制限に扱って良い。ただし、著作権表示および本許諾表示をソフトウェアのすべての複製または重要な部分に記載しなければならない。
2. 作者または著作権者は、ソフトウェアに関してなんら責任を負わない。
https://ja.wikipedia.org/wiki/MIT_License

Top of this page. |

limit: 1536KB

ソフトウェア プログラミング Programming IT

(【License】ライセンス総合/8/0.0MB)

Powered by shinGETsu.